再生医療とは

  • Home
  • >
  • 再生医療とは

再生医療とは

参考写真:施術風景

再生医療とは事故や病気によって失われた身体の細胞、組織、器官の再生や機能の回復を目的とした医療です。

医療に再生という考え方が取り入れられた歴史は古く、例えば身体機能の回復訓練である リハビリテーションや、人工の材料からつくる義手、義足、人工関節など、また皮膚移植 や骨髄移植、臓器移植といった生きた細胞を扱う細胞移植が、これまでの広い意味での再生医療としてあげられます。

再生医療の進歩

再生医療の進歩

例えば臓器障害が起こった場合、これまでは悪くなった部分をできるだけ早く発見し、薬や手術などによって 進行をおさえる方法が主流でした。 それが医療の進歩によって、臓器移植という手段で再生医療の応用が治療に取りいれられるようになりました。 ただ臓器移植には、ドナー(臓器提供者)の不足や臓器移植後の拒絶反応、また他人の臓器を移植するという 倫理上の問題などといった課題が残されていることも現状です。 これらの課題に対し、近年最先端医療として世界で研究が進められている再生医療の、さらなる進歩に期待が寄せられています。

広がる可能性~幹細胞の応用~

再生医療にはいくつかの種類があります。その一つが「幹細胞移植」です。

近年、培養技術・分子細胞学・生体組織工学・遺伝子工学の発達とともに幹細胞の研究が盛んになり、幹細胞を応用した再生医療は今、国家プロジェクトとしても注目を集めています。 そもそも「幹細胞」は、特定の細胞に変身したり、変身前の状態で長期間に渡って自らを再生する能力を備えており、いわば組織や臓器に成長するもとになる細胞です。 もし自分の細胞を使って、組織や臓器、器官の再生や機能の回復を行うことができれば、免疫的な拒絶反応や倫理上の問題なども克服できるでしょう。

再生医療は、私たちが本来持っている自己再生能力を最大限に活用し、負担を和らげることのできる無限の可能性を秘めた医療といえるでしょう。

再生医療から広がる新しい治療の可能性
再生医療から広がる新しい治療の可能性
  • 脂肪幹細胞を用いた脂肪注入
  • しわやたるみなどの若返り治療
  • 再生軟骨による降鼻術
  • 毛髪の再生
  • 血管の新生
  • 血液疾患の治療
  • 骨の再生
  • 心臓(心筋細胞)の再生
美容整形における再生医療はこちら