症例写真

診療科目:スキンケア
【40代女性・顔の赤みを改善し美白に】POTENZA肝斑モード 1回(2週間後)
2019.8.13
担当ドクター : 小林 美幸 医師
ビフォー
ビフォー画像
写真を拡大する
顔の赤みを改善させるため、ライムライト照射などを行ってきましたが、今回はPOTENZA肝斑モードの照射を行いました。
↓
アフター
アフター画像
写真を拡大する
POTENZA肝斑モード1回照射2週間後です。
赤みが改善し、肌質もよくなってきています。
POTENZA肝斑モードは、肝斑だけでなく赤みも改善し、美白効果があることもわかります。
2週間ごとにさらに続けるとよいでしょう。
※症例写真集に掲載されている画像の無断転載・引用・借用等は堅く禁止いたします。
担当ドクターのコメント
【方法】POTENZAに肝斑用の針をセットし、顔全体に少しずつ針を挿入し、真皮上層に適度なエネルギーのRFを照射します。
【副作用】腫れ、痛み、点状の出血、赤み、色素沈着
【費用】1回4万円(税別)
もっと知りたい
  • この施術に関連のQ&A検索はコチラ
  • この施術に関連の体験談はコチラ